急ぎなら自動契約機でのキャッシングがおすすめ

キャッシングやカードローンを利用したいと思うタイミングは一つではありません。これこれこういう状況の時はキャッシングを利用しましょうと言った具体的な場面を想定するよりも、突発的に必要性が出来た時にどうすれば良いのかを知っておいた方が汎用性があるので意味があります。
事前に支出があることが想定できる状況であれば、それに向けて準備・対策をとる事が出来ます。例えば結婚式や旅行の予定などです。このような場合には事前に準備期間があるので、給料の使い方を調節したり、友人や知人に相談したりと言う方法も可能です。当然、キャッシングを利用するという方法もありますが、期間的な余裕があるのでネット申し込み~銀行振り込みという方法で対応することが出来ます。

しかし、葬式や事故など突発的に発生する事態に対応するためには「今すぐ」お金を借りなければいけないという状況もあり得ます。そんな時には【自動契約機】でのキャッシング契約がおすすめです。

現在、大手の消費者金融をはじめとして多くの消費者金融が自動契約機を設置しています。街中を少し車で走るとすぐに見つけられるほど色々なところに設置されていると思います。自動契約機を利用する事でその場でカード発行~現金引き出しを行う事が出来るため、急な事態にも十分に対応することが出来ます。

無人店舗に入ると、自動契約機が設置されているブースと一般のATMが設置されているブーストに分かれており、手続き中は外から中の様子が分からないようになっていますので安心して手続きを進めることが出来ます。身分証明書さえ持っていれば契約できます(収入証明が必要となる場合あり)ので、必要になったらすぐに申し込みに行く事も出来ます。

手続き開始~融資完了までの時間は大体1~1時間半くらいが目安です。手続きは全てオペレーターが案内してくれますので、特に困ることは無いので安心してください。基本情報を入力し、身分証明書をカメラで撮影、その情報を元に審査が行われ、在籍確認などが住んだ後に融資可能と言う判断であればカード発行という流れです。実際に現金を引き出すのは店内に設置されているATMになりますので、発行されたカードを使って現金を引き出してください。

時間的にも遅くまで対応している事が多いですので、仕事帰りでも十分に対応できます。無人店舗への入退店の際に誰かに見られてしまうというリスクはありますが、その代りすぐに借入が出来るという大きなメリットがありますので、緊急時の対応として知っておいて損はありません。

キャッシングの活用法

キャッシングをした後の明細にも、ご利用残高があと数万円ありますと書かれています。

ですから、それを預金残高と勘違いして、まだこれだけのお金を下ろすことができるのだと思ってしまいます。

そして、行きついた先は限度額一杯まで借りて、それからどうすれば良いのかと途方に暮れるのです。

その際の対処法は色々とあるのですがここでは述べずにおきます。

ここではキャッシングの良い面を書きたいと思います。

まず、生きているとタイミングが非常に大事だと思わされることが多々あります。

それは例えば、好意を抱いている異性から不意に誘われ、絶好の機会が到来したと思っていたのに、給料日まではまだ一週間以上あって手持ちの資金が全くない場合などは、キャッシングに頼るのが最善だと思います。

なぜなら、「給料日前でお金がないからまた今度」などと言って断ってしまうと、それが原因で恋が成就しないことがあります。

それはそれでそうなる運命だったのだと諦めるしかないのですが、どうせならキャッシングをしたおかげでデートができ、その後交際に発展したという未来のほうが絶対に良いと思います。

そうしてその際には、きちんと給料日がきた時にその時の分を返済する。

それをしないでまた借りて遊んでを繰り返すとダメになってしまうので、そこの管理をしっかりと守れば、いざという時の保険のような頼れる存在になれると思います。

おすすめのキャッシングはモビットです。
即日キャッシングにも対応していて、在籍確認の電話がなくても審査が可能なケースもあります!

モビットの審査時間が気になる方へ

 

有意義なキャッシングってある?

キャッシングは本当に便利だなぁと思うことがよくあります。

自分ではもうどうしようもないと思ったときに助けてくれるわけですからね。

もし金銭的に困った状態で友人や知人にお金を借りるようなことをするとどうなるか・・・。

周りにもそんな人は沢山いますが、ほとんどの人が信用を失ってしまっています。

そもそもお金を貸して欲しいということ自体ちょっと違う気がします。
やはりキャッシングなどで自力なんとかするほうがいいと思います。

ただ、キャッシングを利用するうえで計画的に利用するのはかなり重要なことです。

とくに返済については、利用する人のほとんどが甘く考えているかもしれません。

返済の履歴は信用情報機関に登録され、
今後のクレジット取引の参考にされるものなので慎重になるべきなんです。

でもそれさえ注意すれば有意義なキャッシングができるはずです。

学生ローンはしっかりシュミレーション

お金のやり繰りに困るのはなにも社会人だけではありません。
学生だって急な出費はあると思います。

できれば、
親に内緒でお金を用意したいときもあるのではないかと思います。

さらに田舎から離れて一人暮らしをしているような場合は、
食費にすら困ってしまうこともあるかもしれません。

そんな背景から学生専用のローンもあります。

もちろん20歳以上でなければ利用することはできませんが、
学生にとってありがたいサービスなことに違いありません。

ただ学説の場合、収入源はアルバイトと実家からの仕送りくらいなものなので
計画的な利用が重要になってきます。

借りる前には、
業者のホームページなどで返済シュミレーションなどを活用して
ちゃんと返していけるかどうか確認するようにしましょう。

自営業者のカードローン審査のコツ

自営業の場合、キャッシングやカードローンの審査は厳しくなりがちです。

理由はズバリ収入の不安定さにあります。
あくまでも会社員と比較してということになりますが。

自営業者の場合、
確定申告書の控えや決算書の写しなどが収入を証明するのに有効となりますが、
いずれも3期分は必要になります。

それでも会社員に比べると融資枠が少なかったりします。

なので自営業の場合は、

本当にお金が必要になってから借りようとしても難しいことが多くなります。

できれば所得が安定している時期に
カードローンやキャッシングの審査を完了させておくほうが無難になりす。

あくまでも会社員よりは不利になってしまうことを忘れはないようにしましょう。

在宅キャッシングが主流

少し前まで消費者金融などでお金を借りようとすれば、
店舗に足を運んで申し込みをするのが一般的な方法でした。

ところが最近の申し込み方法の主流は少し変わってきたようです。

インターネットの普及によって、
自宅のパソコンやスマホで申し込みができるようになりました。

家に居ながらにしてキャッシングの申し込みができる在宅キャッシングが主流になりつつあります。

インターネット申し込みの最大の利点は24時間いつでも都合のいいときに申し込みができる点にあります。

おまけにスマホからだと必要な書類もアプリで送信できたりするので、
手続きがかなり楽にできます。

本人確認も免許証など普段手元にあるようなものをアプリで簡単に送ることができます。

借り換えのメリットは?

インターネットではキャッシングなどの借り換えをアピールしている広告がよく掲載されています。

それだけキャッシングを利用している人が多いといえるのかもしれませんね。

ところで、こうしたキャッシングの借り換えってメリットがあるんでしょうか?

一見面倒なだけという感じがしないでもないのですが・・・。

単純に借り換えるとなると、
よほど金利が安いとか融資枠が大きいといったことながないと意味がないと思います。

逆に凄く高い金利で借りてしまっている人は借り換えるべきだと思います。

また、複数の会社から借り入れがある人はひとつにまとめることで支払い額が下がります。
毎月の負担を減らすことができます。

いままで通り返済するなら顔筋の減りも早くなるのでやらない手はないです。

お金を借りたい、でもバレたくない

家族や周りの人にお金を借りていることをバレたくないという人もいると思います。
特に、親や奥さんに内緒でお金を借りれないかと思っているようです。

実際は、こんなことが可能何でしょうか?

貸金業法が改正されて久しいですが、基本的な法律の考え方としては、
無理な借り入れが出来なくなることで路頭に迷う人を減らすということのようです。

なので、こっそり借りるというのが、以前に比べるとやりにくくはなっています。

お金を借りるには審査が必要ですが、
本人確認のための電話連絡や勤務先への在籍確認ができればOKです。

これで、家族や奥さんにバレてしまうことはないと思います。

ところが、キャッシングを利用すると利用明細を発行することが義務付けられていますので、
自宅に送られることになります。

こうした郵便物を見られなければ大丈夫なのですが・・・

ただ、大手キャッシング会社であれば、
インターネット上で閲覧できるWEB明細のようなサービスがある場合があります。

あとは、返済が遅れて自宅に電話がかかってくる場合です。

こんなことが借り入れがバレる大きな原因となっています。

どうしてもお金を借りたいけどバレたくないという人は、
WEB明細が利用できるところで借りて、絶対、返済が遅れないようにすれば可能になるかもしれません。

派遣社員ですが、プロミスのキャッシングを申し込みしてみました

手続きがネットで済んでしまうことにビックリしながら、
慎重と言うか少し警戒もしながら済ませました。

仕事の詳細を入力する時に派遣先ではなく派遣元を入力するように指示されたのには参りました。

私の派遣会社は小さな会社で、窓口の営業所は名前でなく登録番号を伝えないと勤怠の連絡さえできないからです。

在籍確認を派遣元にするとなると登録番号を知らない人が名前だけで問い合わせをするなんて、
借金とか怪しい電話しかないですよね。個人情報に厳しい時代ですから尚更です。

派遣やアルバイトの方でも申し込みOKの裏にはこんな問題があるのですね。

どんな会話が行われたのかワカラナイままですが、
審査に通りキャッシングできました。

派遣先が大手企業で勤続年数や年収が安定している派遣の方で、
キャッシングをしたい人は沢山いると思いますので、
在籍確認は派遣先でもよいのではないかと思いましたがどうなんでしょうね。

派遣の方がキャッシングを申し込む場合、注意した方が良い点だと思います。

プライバシーマークって何?

キャッシングをするなら、プライバシーマークを持っている企業に申込をするのが安心みたいです。

プライバシーマークとは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が、

キャッシング会社やクレジット会社を審査をして発行するマークの事なんです。

企業が取り扱う個人情報をキチンと管理しているか、などを審査し、基準を満たしていると判断された企業にだけ発行されるプライバシーマーク。

運転免許証のゴールドみたいな、「優良」マークですね。
審査をされるのが利用者だけでなく、キャッシング会社やクレジット会社を審査している団体があると言うのは、

利用者にとっては、なによりの安心ですよね。